So-net無料ブログ作成

明日は中秋の名月なのだが曇って見えないのだろう [演奏]

 このところ Studio One 4.5 で ソフトシンセ 特に標準装備の Presence XT を鳴らすとノイズが載って仕方が無い。 CPU負荷が高いためなのだが、環境設定でバッファーを多くとってみてどうにか少なくなるか、そうするとレイテンシーが出てきてキーボードを押してから遅れて音が出るといった具合だ。 あとはオーディオインターフェース側のレイテンシーを遅くしてバッファーを多くとって。 軽いシンセを使った場合は問題ないのだが、なんだかなぁ。 最近のインテルのCPUの脆弱性対策での対策パッチでやはりCPU性能が落ちているのだろうか?! とりあえずMIDIトラックはオーディオ化して軽くするしかない。 それとシステムの電源プランが何故かバランスになっていて、高パフォーマンスに戻したが、いつの間に・・・

タイトル Harvest Moon


製作、演奏 UFO Flatfield
Gut Guitar : YAMAHA NTX700 + YAMAHA Compressor + Hartke Acoustic Attack Pedal
Perc : Plug-in (Presence XT)
Bass : Plug-in (Mai Tai)
DAW : Studio One 4.5 Artist





9/12 月齢13.08
20190912 moon2.jpg

20190912 moon1.jpg

 そういえば Windows10 では、電源プランはバランスがデフォルトになっているのだが、電源プランを覗いてみるとバランスしか選択肢が無い。高パフォーマンスは表示されていない。検索してみると高パフォーマンスの表示の仕方が出ていて、それにしたがって表示させたが、一度それを選択しても、またバランスを選択すると高パフォーマンスのチェック欄が消えてしまい、また同様に出てくる処置をしなければいけない。 ノートだからか? 俺みたいにノートパソコンでも全く持ち出さなくて100V電源で動かしている人もいると思うんだが。
nice!(22)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 22

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント